ヒアルロン酸測定キットの特徴
1.測定原理
HA固層化プレートに、HAを含む試料及びビオチン標識ヒアルロン酸結合タンパク(Biotin-HABP)を添加し、固層化HAに結合したBiotin-HABPをHRP-Avidin及び発色基質により検出する競合法です。




2.測定範囲
濃度3.13〜200ng/mLのヒアルロン酸を測定します。



3.各種分子量のHAの反応性
HABPを用いたサンドイッチ法と異なり、競合法ではHAの分子量による影響を受けにくいことが知られています1-3)
平均分子量7.4〜2367kDaのHAに対し、同等の反応性を示します。

2.8kDa(14糖)以下のHAオリゴ糖では反応性が低下していき、1.6kDa(8糖)のHAには反応しません。







4.サンドイッチ法との比較
市販のサンドイッチ法による測定キットを使用した結果、HAの分子量により反応性が異なり、7.4kDa以下の分子量では
ほとんど反応しませんでした。




分子量の異なるHAを測定した結果
サンドイッチ法では測定するHAの分子量による影響を大きく受け、低分子量では実際の濃度よりも低く、
高分子量で実際の濃度より高い測定結果となります。


競合法(ヒアルロン酸測定キット)
 分子量(kDa)  理論値(ng/mL)  実測値(ng/mL)  理論値に対する%
 251 12.5 12.3 98
 63
12.5 12.0 96
 7.4 12.5 11.3 90

サンドイッチ法(A社製キット)
 分子量(kDa)  理論値(ng/mL)  実測値(ng/mL)  理論値に対する%
 251 10.0  14.1 141
 63 10.0 7.6 76
 7.4 10.0 6 6




5.特異性
ヒアルロン酸を特異的に認識し、他のグリコサミノグリカンとはほとんど交差反応しません。
高濃度のCS-B:デルマタン硫酸には弱い反応性を示します。
(CS:コンドロイチン硫酸、HS:ヘパラン硫酸、Hep:ヘパリン、KS:ケラタン硫酸、KPS:ケラタンポリ硫酸


6.その他の性能
 血清・血漿の測定値、再現性、希釈直線性、添加回収試験の結果につきましては、取扱説明書をご覧ください。
キットの構成

 
使用方法
取扱説明書をご覧ください。
貯法
冷凍(-20℃以下)
 引用文献

1)   Haserodt S et al., A comparison of the sensitivity, specificity, and molecular weight accuracy of three different commercially available Hyaluronan ELISA-like assays. Glycobiology. 21(2):175-183. 2011.

2)   Maeda H et al., A competitive enzyme-linked immunosorbent assay-like method for the measurement of urinary hyaluronan. Biosci Biotechnol Biochem, 63(5):892-895, 1999.

3) Yuan H et al., Molecular mass dependence of hyaluronan detection by sandwich ELISA-like assay and membrane blotting using biotinylated hyaluronan binding protein. Glycobiology. 23(11):1270-1280. 2013.

 

PG
Research

株式会社PGリサーチ

トップページ
製品リスト
ご注文
在庫状況
会社概要
ヒアルロン酸測定キット (ELISA-like Assay)
  特徴、製品規格
 キット、構成品