石灰化評価セットの特徴
 本製品は、分化した培養骨芽細胞により形成されたマトリックス中の石灰化結節(リン酸カルシウム)を染色し、リン酸カルシウムに結合した色素を溶出する試薬セットです。溶出液の吸光度を測定することで、骨芽細胞の分化(石灰化)の評価にご使用いただけます。
セットの構成
1) アリザリンレッド溶液(製品コード:ARD-A1、100mL、1本)
2) 石灰化結節溶解液 (5%ギ酸、製品コード:ARD-E1、100mL、1本)
使用方法
1) 培養後の24wellあるいは48wellプレートの各wellから培地を除き、PBSにて1回洗浄する。
2) 中性緩衝ホルマリン溶液で固定する。
3) 固定液を除き、精製水(水道水)でプレートを洗浄する。
4) well内の水をきれいに除いた後、 アリザリンレッド溶液を0.5mL/well(24wellプレート) あるいは0.25mL/well(48wellプレート)で
添加し、室温で30分間染色する。
5) アリザリンレッド溶液を除き、精製水(水道水)でプレートを洗浄する。
6) well内の水をできるだけ除いた後、石灰化結節溶解液を0.5mL/well(24wellプレート) あるいは0.25mL/well(48wellプレート)で
添加し、色 素を溶出する。
7) 溶出液を測定用96wellプレートに移し、400〜450nmの吸光度を測定する。
注意事項
1) 本セットご使用の際には、必ず眼鏡・手袋等の保護具を着用の上、人体へ接触しないようにご注意下さい。
2) アリザリンレッド染色後、wellの側面が非特異的に吸着したカルシウム等により強く染色される場合は、精製水で濡らした
綿棒などで側面の染色物を除いて下さい。
3) リン酸カルシウム固層化プレート(BRA-24P、BRA-48Pなど)の染色にはご使用できません。
参考データ

   
 MC3T3-E1細胞が形成したマトリックスの
アリザリンレッド染色
 MC3T3-E1細胞石灰化に対するBMP-4およびBMP 活性調節剤(コンドロイチン硫酸Eナトリウム)の作用
 引用文献
Miyazaki T. et. al. Oversulfated chondroitin sulfate-E binds to BMP-4 and enhances osteoblast differentiation. J Cell Physiol. 217: 768-777. 2008.
 
本セットを使用した論文はこちら

PG
Research

株式会社PGリサーチ

トップページ
製品リスト
ご注文
在庫状況
会社概要
石灰化評価セット
 特徴、製品規格
 セット、構成品